« これからはハイビジョン? | メイン | 小型燃料電池 »

HDが待ち遠しい

ハイビジョンHDが待ち遠しいとはいってもすでに何年もハイビジョン映像を見ているのだが実はこれ、720Pクラスの解像度しかなくピュアHDではないのだ。
1080と720がどれくらい違うかというと情報量にして2倍なのだがこの違いがけっこう大きいのだ。確かに最初は720でも感動した。しかしここ数年、すんごい高いのだがピュア HDの液晶テレビを見たり、クォリアのプロジェクター画像を見るとものすごく欲しくなったのだ。

しかし200万以上とあまりに高すぎたので手頃な価格になるのをずっと待っている。ここにきてやっとピュアHD製品がどんどん出てきそうな気配になってきた。
プラズマ、液晶、リアプロ、フロントプロジェクターではD-ILA、LCOS、DLPがこぞって1080を出してきた。競走になれば自ずと低価格製品も出てくる。sonyが135万で出してきた。

他社も 100~130万くらいが中心になるのだろう。しかし松下あたりから60万くらいのが出ればとか、sonyがもう一ランク下げて50万で・・などと想像するのも楽しいものだ。来年には各社出揃うだろう。いつ買うかな?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.p100project.com/mt/mt-tb.cgi/52

コメント (2)

HDが待ち遠しい (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

「ひとみ」は通常の運用では、スラスターを使用しない。最初に使用するのは、H-IIAロケットで宇宙へ運ばれ、分離したあとだ。分離直後はいわば「放り出された」ようなものだから、衛星は回転している。それを止めるためにスラスターを使用する。
シャネル ファンデーション ブルーベース http://www.okakaku.com/brand-39-copy-0.html

コメントを投稿

About

2005年09月14日 13:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「これからはハイビジョン?」です。

次の投稿は「小型燃料電池」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34