« ハイビジョンCMの動向 | メイン | ジウジアーロデザインのチェア »

HDカメラのフォーカス合わせ

ハイビジョン HDカメラのフォーカス合わせHD小型カメラのフォーカス合わせは至難の業である。ビューファインダーはカラーで解像度不足、液晶モニターも解像度は低く見ながらマニュアルでフォーカス合わせするには不安が残る。ワンプッシュで拡大表示できるがなかなか面倒くさい。オートフォーカスのまま撮影するのはほぼ使い物にならないのでワンプッシュオートで一度合わせてマニュアルでと言った使い方もある。
いずれにしても撮影中にフル解像度でモニターできないわけだから常に不安が残るわけである。
スタジオ撮影の場合は大型モニターに映し出して確認すればいいのだがロケの場合大型モニターを持ち回るのは現実的でない。小型モニターでフォーカス専用モニターを傍に置き1:1ピクセルの表示が出来るとありがたい。フォーカスをあわせたいところにタッチセンサーで移動できる機能とか。
制作のための撮影は本来VEさんを同伴するべきなのだが低予算となるとなんでもワンマンでやらなくてはならない。最近のカメラは波形モニター機能も持っているしカメラマンはフレーミング以外にやることは多い。
映画のようにフォーカス、露出、音声が別の人だとどんなに楽だろうか。
おっと、ワンマンだと照明のことも…演出も?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.p100project.com/mt/mt-tb.cgi/220

コメント (3)

HDカメラのフォーカス合わせ (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

HDカメラのフォーカス合わせ (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

ここでは、古典的なスタイルは非常に素晴らしいカラトラバのオマージュを見て、ref 5565。腕時計のリリースされた300の限定版として2006年に新しくオープンしたブティックの称賛において(当時)は、ジュネーブでローヌ川に後悔します。ステンレス鋼腕時計の背面には、記念の説明と建物の繊細な彫刻、1839年−1892年−2006」は、多くの歴史があります。腕時計の中には、手動巻きパテックフィリップ製造、手製の運動の程度215ps(それはシンプルで、エレガントです)カルティエ スーパーコピー。腕時計のサイズの古典と現代の傾向に逆らって。それは、ちょうど7 . 36 mmのワイドと厚い。腕時計に仕上げない植物の上で他のどの腕時計に打ち勝ちました。ダイヤルのクローズアップを見て、すべてはちょうど方法が完璧であるのを見てください。シンプルながら、デザインは、典型的なパテックフィリップの魅力があります。設計のために適したハンサムなと私は想像することができて、将来への多くの世代。それは本当にそんなに多くの持久力は永久に関連する必要があります。パテックフィリップは明らかに、これは彼らのモットーに関するのを考えた、「あなたが決して実際に自身のパテックフィリップを見て、あなたは単に次の世代のためにそれの世話をします。「それはsalesy音であるが、それを真実の良い程度を特にパテックフィリップ君より長く多くのまわりにありましたという事実を考慮すると、棒の周りのずいぶん後に我々のすべての可能性がなくなります(そして、腕時計のように)。
ロレックス gmt 違い http://www.bagkakaku.com/balensiaga_bag/2/balenciaga_bag_036.html

コメントを投稿

About

2006年11月10日 10:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ハイビジョンCMの動向」です。

次の投稿は「ジウジアーロデザインのチェア」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34