« VIERAはすごい! | メイン | 知らぬ間に1Gbps »

VIERA重箱の隅

まだ取扱説明書も開いてないくらい忙しいのだが気になるのでちょこちょこと試している。
■まずフルHD表示
地デジ自体は1080iだが水平画素は1440ピクセルを1920にスケーリングで拡大しているのでピクセルバイピクセルとはいかない。
実は昨日DIGAのアナログコンポーネントとVIERAの内臓チューナーがどの程度画質差があるかという比較でほとんど差がなかったのだが、後で気がついたらDIGAはD4つまり720P出力のモードになっていた。ということは720Pでも1080iでも放送を見る限りではほとんど違いがないということなのか…
メニューをいろいろ触っていると画面表示モードに標準とフルというモードがあった。これは似非ワイドモードのゆがみワイドのことではなくフルHDにおいてオーバースキャンかアンダースキャンかの選択なのだ。NTSC時代には考えられなかった。フルモードがピクセルバイピクセルなのかは定かではないが。そこでフルモードにしハイビジョン編集機のアナログコンポーネントを表示してみた。1920×1080の30Pである。周囲1ピクセルの白い枠線を作り表示してみた。確かに端に白い線が表示された。ところが左側だけが表示されていない。2ピクセルにしたら表示された。1ピクセル食い込んでいる。これはアナログのせいなのか編集機のせいなのか理由はわからない。
アフターイフェクトで矩形の図形、45°斜め線などを表示してみた。あくまでもアナログ接続でのチェックだが水平ラインはほぼピクセルバイピクセルイメージでくっきり表示されているが垂直線は2ピクセル分くらいスムージングがかかったようなボケがみられる。長いコンポーネントケーブルが原因しているかもしれない。

■プラズマの表面処理
プラズマは液晶と違い表面はガラスだ。そのため部屋が明るいとまともに映ってしまう。もともとプラズマは明るい場所で見ると黒浮きしてあまり綺麗には見えないのだが一般のお客さんには明るいリビングで見る人もいるわけだ。そこで最近のVIERAは表面を光沢ガラスではなく、すりガラスのようなマット状に加工している。これで映りこみはすこしぼやける。ところがこのマット処理、ガラスの表面を細かいランダムな凸凹にしているのだがあまり鋭角にするとすりガラスのように白っぽくなり画像はクリアに見えなくなる。そこで少し粗めの凸凹を滑らかに研磨している。実はこの凸部分がレンズ効果となりその下にあるRGBいずれかの画素が強調されることになるのだ。通常の視聴位置では全く気にはならないが40〜50cmくらいまで近づくとRGBのランダムなノイズが確認できる。しかも表面の凸凹とプラズマ発光部分までにガラスの厚みがあるため視点を移動するだけでギラギラとノイズは動く。
■DIGA の番組表などの生成画像
720Pと1080iの画質差がほとんどないと書いたがDIGAからの画像とVIERAダイレクトの画像で大きな違いがあった。番組表や文字情報などDIGIやVIERA本体が生成している画像だ。これは電波で送られているのではなく放送画面に個々の機器でスーパーインポーズされるものだ。これがVIERAでは1920×1080pで生成しているようだ。ほとんどコンピュータの画像をデジタル接続した液晶モニターのようなくっきりした表示がされる。これぞフルHDの解像度だと感じさせる。ところがDIGAも同じようなデザインの番組表を表示するのだが明らかにスケーリングで拡大している画像なのだ。しかもあまり綺麗に拡大処理がされておらずジャギーが目立つ。ベースの映像に違いがないだけにこれはアナログ接続のせいではなく DIGAそのもののスーパーインポーズの問題なのだと思う。
■不要チャンネルの表示
DIGAもVIERAも同様なのだが地デジをオートスキャンすると受信できるチャンネルが自動で割り振られ放送局の名前まで付いてくる。ところがGガイドのデータ放送までもがスキャンされ映像のないチャンネルが組み込まれる。リモコンの順送りでチャンネル選択するとそのチャンネルになるとまっ黒の画が表示されるわけだ。じゃダイレクトチャンネルでテンキーに組み込まれた番号で選曲すればということになるがDIGAのリモコンは蓋を開けなければダイレクトチャンネルが使えないという不便さだ。では不要チャンネルはマニュアルでスキップしてしまえと設定項目を見るとスキップする項目がない。結局パナソニックに聞いて見るとスキップはできずこの画面は消すことが出来ないとの回答。
ありえない。販売店の店頭でSONYで試したらあっさりスキップできた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.p100project.com/mt/mt-tb.cgi/429

コメント (4)

秋冬新作モンクレール ダウン 2014 レディース入荷!超軽量のモンクレール レディース2014新アイテムが登場。女性らしくてスタイリッシュなデザインに仕上げました。その暖かさに、もう一度驚きました。

elder scrolls online gold conforme à la image, lettre rapide, convention parfaite

VIERA重箱の隅 (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

VIERA重箱の隅 (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

コメントを投稿

About

2007年12月21日 19:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「VIERAはすごい!」です。

次の投稿は「知らぬ間に1Gbps」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34