« CMの制作費 | メイン | ロケ撮影いろいろ »

デジタル一眼レフカメラ

最近では若い女性にも人気が出てきてコンパクトデジカメが個性が出せない中デジイチとして売れているようだ。
しかし一眼レフにする意味があるのか?最近の機種ではミラーアップしたまま液晶モニターでリアルタイム映像が見られるライブビューが主流になりつつある。液晶モニターも可動式でフリーアングルで撮影できるものもある。とすればミラーとプリズムを使った光学ファインダーの存在価値はあるのか?もともとムービーフィルムカメラのファインダーは光学式だ。しかしビデオカメラになって接眼式のファインダーは電子式になった。
接眼式のメリットは明るい外でも外光に影響されずファインダーがクリアに見えるということである。コンパクトデジタルカメラにも申し訳程度の光学ファインダーが付いていたりする。つまり接眼方式でない液晶モニターが晴天の外光の中でもクリアに見えれば接眼ファインダーは不要になるわけだ。そうなればミラーとプリズム、接眼ファインダーが不要になりあの独特な一眼レフの形状でなくなる。

もう一つレンズ交換がある。非常にシビアな写真を撮り、大きく引き伸ばしたりするプロやマニアは高価な単焦点レンズを使い分ける。しかしアマチュアの多くは高倍率のズームレンズをつけたまま使っている。いくら性能が良くなったとはいえ800万画素クラスの一眼デジカメだと高倍率ズームと単焦点レンズの画質差は歴然である。
と、まあ今のデジイチブームはあのフォルムに女性がカッコいいと思い手頃な価格になってきたから持ち歩いていると考えられる。もっとスタイルにこだわる人は古いフィルムカメラを持ち歩いているようだ。趣味の世界だからなんでもいいが…

おそらく一眼レフというカテゴリーは近い将来なくなってしまうと思う。電子撮像素子を使っているのにメカニカルな光学機構が必要だと誰も考えないでしょ。
究極をいえばガラスを使っているレンズ。結像させるためには現状この方法しかないのだが光を屈折させる方法には他にもある。
未来のカメラにはあの重いレンズは付いてない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.p100project.com/mt/mt-tb.cgi/471

コメント (3)

デジタル一眼レフカメラ (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

デジタル一眼レフカメラ (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

デジタル一眼レフカメラ (P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき)

コメントを投稿

About

2008年03月07日 10:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CMの制作費」です。

次の投稿は「ロケ撮影いろいろ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34