« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月 アーカイブ

2009年09月02日

どんなカメラが…

デジタル一眼カメラをムービーにという動きが止まらない。
しかし現状のように使いづらい形態のまま周辺機器をそろえて始めてもいずれ改良された本体が出たとき周辺機器がすべて使えないと言うことはよくある話だ。
5Dは確かに高画質だし浅い被写界深度は魅力的だ。しかし高画質に関してはSONYのEX1などと比べて飛びぬけてというわけではない。むしろEX1は画質調整機能が豊富であり好みの映像作りという意味では自由度が高い。やはり5Dの魅力は浅い被写界深度と安い一眼レフレンズで特殊効果が狙えると言うことだろうか。感度も高い…
しかしそれだけと言えばそれだけなのだ。バリカムが登場してデジタルカメラでハイスピード撮影が流行ったときもそうであった。新しい機能で斬新な表現というのはあっという間に飽きられてしまう。5Dが爆発的流行になっているのは高価な35mmフィルムカメラよりも相当低価格で手に入れられ、飽きる頃には償却できると考えてのことではないだろうか。本気でフィルムトーンを考えているところではREDONEを導入している。

そんなこんなで5Dは魅力的だが本体以外の周辺を揃えると放送カメラの導入と大差なくなってしまう。そこまで価値があるかというと現在ウチの立場では感じられない。
やはりXDCAM EXシリーズが妥当なのか。
XDCAM EXは加工素材撮影としてはそのままでは使いづらい。
記録レートが35Mbps、クロマが4:2:0、mpeg2LongGOPという足かせがあるからだ。
ところがこのカメラにはHD-SDI出力がある。Panasonicのポータブルレコーダーを繋げばAVC-Intra100で記録することが出来る。HPX305よりカメラ部分では高画質だから組み合わせると多少価格は張るが使い勝手はいいかもしれない。
とはいうもののAVC-Intraはまだ読み込めるソフトが少ない。
編集機器の対応まで考えるとまだちょっと気が重い…
そんなわけで今しばらくメーカーの動きに目が離せない。

2009年09月03日

AVC-Intra対応

ファイナルカットスタジオの新バージョンがAVC-Intraに対応した。これはmacのソフトである。
最近のハイビジョン編集関連はこのファイナルカットが元気がいい。
REDONEに対応したり新しいものに対応するのが最も早いし映画の編集やクリエイティブな編集をしているところは多く導入しているようだ。
今からmacに移行すると言うのがどうにもハードルが高いのだがいろいろ比較するとかなり魅力的でもある。
メモリーに関しても早くから64bit対応でwin32bitの4GB制限がない。
macから離れて既に10年以上になるから、今からやるとすれば一から始めるって感じだ。
macを敬遠するのは長く使ってなかっただけではない。当時マシンやソフトの不安定さに大いに振り回されたトラウマが未だに残っているからである。
その名残は現在もmacとwinが簡単にイーサネットで通信できないことなどいろんなところで見られる。というわけでアドビが全てに対応するまで、また安定するまで待っていようと思っている。その段階で最適なPCを選ぶのがいいかと。
SSDもだいぶん普及してきたし64bit対応も増えてきた。
あと1〜2年でwinも新世代になるのではないかと期待しているのだが

2009年09月24日

新型にこだわるな?

新製品、後継機が出てくる場合、旧製品より性能を上げてくるのは確かである。業務用機器でも毎年のように新製品が出てくる。新機能や性能アップしたものを見てしまうと手持ちの機材が古臭く感じてしまうものだがそれとて、買う時は最新の機能だったわけだ。
今使っているHDカメラ、HVX200は既にHVX205Aとマイナーチェンジし、さらにDVデッキを外したHPX175というワイドで高感度な機種が発売されている。
しかしこのシリーズ、一貫してCCDの解像度を発表していない。56万画素程度のCCDを画素ずらしで使っているらしい。なので画像はなんとなくもやっとしてシャープさがない。SONYのEXシリーズなどはフルHDの撮像素子を使っているので大型のHDCAMなどに匹敵する解像度を誇る。そんなわけで XDCAM EXを導入したいと思っているわけだが今回撮影した映像を見ながら考えた…
解像度が高い映像はリアルに見える。撮影のコマ数も上げるほどリアルに見えてくる。
しかし映画は24コマだしディティールは付加せずあまり解像度の高い質感を好まない。
これはドキュメンタリーやニュースでないためである。
モノクロ映像や解像度の低い映像、コマ数の少ない映像はチープであるかのように見えるが視聴者に想像力を持たせると言う意味では効果がある。リアルな映像は見るものに想像の余地を与えないというか見たままそのものになってしまうというのだ。
編集しながら、この解像度の低さはそのような意味があるのだと改めて思ったわけである。もちろん解像度の高いカメラを60Pで撮影し、後処理でそのような映像に加工することは可能なのだが…
CMの場合ずっとフィルムで撮影されていた経緯がある。
ビデオカメラのニュースモード(初期設定)で撮ったものをそのまま編集するといわゆる一般的なCMトーンにはならないのだ。ただCMといえども広告なので表現によってはリアルでみずみずしい映像の方がいい場合もある。使い分けをする意味ではHVX200も単に古く解像度の低いカメラと決め付けなくても良さそうだ。新型にこだわるな?

便利工作

ワイヤレスマイクを2セット購入したのだが収納するケースに迷っていた。
写真のものはホームセンターにある工具箱である。大きさ的には良かったのだが個々を収納すると収まりが悪く移動中に本体同士がぶつかったりする可能性があった。
そこで改造を企てた。まずは上段の送信機。
昔は東急ハンズに行けばいろんな厚みのウレタンが売ってあったのだが鳥取のホームセンターには硬質ウレタンが置いてない。なにか代替になるものはないかと探していたらお風呂マットがありました。なんと600×600で125円と格安!ハンズのウレタンより一桁違うのではないか?
ま、金額はともあれいろいろ使えそうなのでまとめて購入。それを使ったのが送信機のベースになっているブルーのもの。形状に合わせてカットするのはけっこう難しい。ミシン鋸が欲しくなってきた(笑)
中段は受信機。中段はもともとの仕切りが細かく入っているためこれを貫通させて置けるように部分的にカットした。塩ビで作られた1.5mm厚程度のものだがなかなか苦戦した。アンテナ部分も出せるよう溝を切った。
最底部はその他パーツとハイパーリミッター。ハイパーリミッターの周囲にも軟質のウレタンが貼ってある。2chのワイヤレスをミックスしてカメラに送り込み、残り1chをガンマイクといった使い方が出来る。
たまの工作は楽しいものだ。
次はポータブルモニターを購入してマルチトラックレコーダーとモニターを収納してそのまま操作できるVEラックを作ろうかと思っている。スケッチは出来ているのだがはたしてモニターを買うタイミングをいつにするか?このあたりは次期カメラ、編集機とのタイミングにあわせるべきかと考えてみたり…
話は変わるが今年の設備投資はここら辺にしておこうと決めた矢先にインバーターを注文してしまった。それほど高いものではないのだが…2万円ちょい。
何のためにインバーターを導入したかと言うと、こういったロケ用の機材はバッテリー駆動がほとんどである。
メインで使うとわかっている機材は充電もするし乾電池も用意しておくのだがめったに出番がなく、使っても短時間だけと言った場合にバッテリーは無駄が多い。
そのため車からACを引っ張りACアダプターで使えれば便利だと考えたのだ。
いろいろシミュレーションをしてみるが実は微妙だったりする。大出力のインバーターは直接車のバッテリーから引っ張らなくてはならないので今回は150W正弦波のタイプである。ランクルはバックドアの近くにもサービスコンセントがあるので便利だ。
しかしインバーターを使う場合は近くに車を置いておく必要があるしエンジンもかけておかなくてはならず同録時には使えない。延長コードを使って車を離せばいいとはいえ、そこまでやるのなら近くの民家から電源借りてもいいんじゃないか?なんて…
ま、とりあえず家庭用の液晶テレビをモニターに使えるしLIFA-Fなら一灯分はなんとか使えそうだ。
あくまでも緊急用と考えての設備である。

2009年09月25日

機材収納


2009-09-25 09:
だいぶん機能的な収納になってきた。
とはいえ、荷物室はほとんどが照明関係と三脚で埋め尽くされている。
カメラと音声関係は後部座席に追いやられるのでフル機材の場合助手席に一人乗せるのがやっとである。
カメラと音声機材は単価が高いのと熱に弱そうなので撮影のたびに積降する。撮影後のメンテナンスもあるからだ。
今回積み込みパターンを変えた部分は照明用スタンドバッグを上段に乗せ、10m延長ケーブル類を左のブルーのバッグに収納。
三脚は上段右に置いているのだがここのバーに振動防止用のクッションを取り付けた。
今回は常設工具類も積み込んだ。ガムテープ、両面テープ、軍手、ローブ、ドライバー、ニッパー、ラジオペンチ、ハンマー、カッター…など。
その他音声ケーブルなども工具箱に収納し下段の白いケースがそれである。
ハイハット用に専用の雲台も用意し超ローアングルも三脚を入れ替えなくても即座にセッティングできる。
積み込むだけならもっとたくさんの機材を乗せることが出来るのだろうが機能的に出し入れできるようにと考えるとなかなか積み込み量が限られてしまう。
これでも延長ドラムは奥の方に置いているので取り出すには手前の工具箱を全部出さないといけない。要するに使うプライオリティーを考えて積み込んでいるわけだ。
通常のロケでは10mの延長コードでほぼ足りている。これが2本あるので20mであるドラムは20mなので全部足せば40mだがそんな現場はまずない。
長尺物のオートポールなどを積むためルーフキャリアも考えたが積み下ろしが大変そうなのでやめた。とりあえずショートバージョンのオートポールはぎりぎり後部座席の足元に横置き出来る。
こんな状態なのでクレーンはムリである。
牽引トレーラーでも考えるか?いや、駐車場に入らねぇ…(笑)

2009年09月30日

データ消失の恐怖

未だこの恐怖感を消せるだけの安心マシンが登場しない。
全てのデータを作りながらバックアップを取り、二重化し、編集マシンさえもバックアップマシンを用意しておく。
電源も瞬停に備えたりインターネットのトラブル回避のためNTT以外のネットに契約したり…
もちろんそんなことはしていない。ウイルスバスターやレイド5のネットワークディスクに時々バックアップしているくらいだ。
何十年もコンピュータと付き合っていると何度もクラッシュの恐怖と戦ってきた経験がある致命的なダメージはなかったがその都度、自分が病気にかかったかのように落ち込んでしまうのだ。最近では年の功も手伝ってか精神的に図太くはなったものの…大きなプロジェクトのときなどはかなり慎重にバックアップを取ったりしている。
テープレスカメラも微妙だ。撮影したデータはメモリーを空にするためHDDにコピーすると消去する。しかしちゃんとHDDにコピーされているかは編集ソフトを立ち上げてプレビューするまでは安心できない。
かといってテープの場合、テープが残るから安心とはいえテープ自体に記録されているかを撮影時にいちいち確認するのは非常に手間だし巻き戻しを繰り返すと上書きの事故などの危険性が増す。その点テープレスカメラなら記録確認は安全スピーディーだ。
これだけハイテクが進んでも未だデータ消失との恐怖から逃れられないというのが辛い…

About 2009年09月

2009年09月にブログ「P100Project blog Digitalの叫びとつぶやき」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年08月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34